クローゼの色々備忘録

仕事や私生活で学んだこと、ゲームの感想などを記録。お役に立てれば幸いです。

ディレクトリごと、別のサーバに送って展開したい

1.送りたいディレクトリをまとめる

# tar cvf /tmp/dir.tar /var/sample/dir1
# ls /tmp
dir.tar

※ここでは、「dir1」というディレクトリを「dir.tar」というファイル名で「/tmp」配下にまとめる

2.まとめたファイルを送る

# scp /tmp/dir.tar root@10.10.xx.xx:/tmp
※送り先のrootユーザーのパスワードを入力

※「scp」コマンドを使って、送り先の「/tmp」配下にファイルを送る

3.送り先のサーバで、送ったファイルを展開する

# cd /var/test/
# tar xvf /tmp/dir.tar
# ls

※ここでは、「/var/test」配下にファイルを展開する


以上

資料作成でげんなり

いつもそうだけど、

資料をとりあえずいい感じにしあげてって結構大変よね。しかも短時間でやるのはなおさら。

ある文字列を、ファイルの行を指定して挿入したい

きっかけ

下記のように、コマンドの実行結果をあるファイルに書き出す「リダイレクト」という方法がある。

 

# echo "Hello!" >> test.txt

 

『>>』だと追記になるんだけど、これだとファイルの末尾に挿入される。

ユーザー追加とかした際に、その情報をファイルに追記するんだけど、どしても間に入れたかったのね。

なのでどうにかして、行を指定して挿入できんもんだろかと考えた。

 

方法

てっきり『>>』に何かオプションでもあるのかと思ってたけど、

そんなものはなく・・・

 

なんと、『sed』コマンドが使えるそう!

 

こんなファイルがあったとする

# cat test.txt

-----------------------------------

PEACH

APPLE

-----------------------------------

 

2行目に挿入したとする

# sed -i -e "2i BANANA" test.txt

  • -i』:上書きモードで実行する
  • -e』:指定したスクリプト(条件式)で変換処理を行う
  • 2』:挿入したい行番号
  • i 文字列』:挿入したい文字列を記載

 

実行結果

# cat test.txt

-----------------------------------

PEACH

BANANA

APPLE

-----------------------------------

 

ちゃんと、ファイルの2行目に挿入された。

なんと素晴らしい!

これは、今後も使えそうです。

 

 

以上、本日の学びでした。

 

 

ファイルを別のサーバにコピーしたい!     役に立つ『scp』 コマンド

きっかけ

開発サーバで作成したシェルスクリプトを本番サーバにコピーしたい。

WinSCPでダウンロードして、アップロードしなおすなんて手間は取りたくないし、以前のように改行コードが入ってたら困る・・・

さて、どうしよう。

 

方法

『scp』コマンドを使えば、サーバ間でファイルのこぴーができるようです。

 

例)サーバAに、コピーしたいファイル(/var/script/test.sh)があり、

  そのファイルをサーバBの『/var/script』配下にコピーするとします。

 

サーバAにログイン後、下記のコマンドを実行

# scp -p /var/script/test.sh root@192.168.10.10:/var/script/

 

詳細

  • -p』は、更新時間・アクセス時間・モードを保持する
  • /var/script/test.sh』は、サーバAにあるコピーしたいファイルを指定
  • root』は、 サーバBに接続する際のユーザー名(別ユーザでも可)
  • 192.168.10.10』は、サーバBのIPアドレス
  • /var/script/』は、サーバBに存在するディレクト

 

注意

サーバBに接続する際のユーザは、SSH接続できることが前提です。

サーバBのコピー先ディレクトリは、事前に作成されてないと失敗します。 

 

 

以上、本日の学びでした!

 

シェルスクリプト なぜかうまく実行できない!? 改行コードにご注意

シェルスクリプトが実行できない

 自分の端末にある、Atomというエディタでスクリプトを書き、

WinSCPを使ってサーバ(Cent OS6.5)にアップロードし、

root ユーザで下記のように実行権限を与えた。

 

# chmod 755 /var/script/test.sh

 

よし、実行だ!・・・ん(・ω・)?

「そんなファイルは存在しません」って怒られた。

 

うーん、権限も付与されてるし、ファイルのコマンドにも間違いはなさそう。 

一体なにが原因なのか分からず、お隣の先輩に見てもらった。

 

 

 原因

先輩:「これ、改行コードが入ってるよ。これ消したらいけるよ。」

クローゼ:「え?そうなんです?どこに入ってるんです?」

 

先輩:「ファイルを開くときに "-b" オプションをつけると見えるよ。」

※"-b"は、ファイルをバイナリモードで開くこと 

 

# vi /var/script/test.sh -b

 

なんと、一行ごとに『^M』が入ってる!!!

なんじゃこれー

 

対処

とにかく、『^M』を消さないと。

けど毎行入ってるので、一つずつ消すのは辛い。

 

そうか、置換すればいいのか!

 

# vi /var/script/test.sh -b

で、ファイルを開いた後に、viのコマンドモードで、

 

:%s/^M//g

 

と入力して [Enter] を押せば、一括で置換してくれました!

 

『^M』の入力方法に注意

これ、文字列じゃないんです。クローゼは間違たwww

コマンドモードで、次のように入力します。

  1. 『Ctrl+V』を押す
  2. 『Ctrl+M』を押す

 

スクリプトは無事に実行されました。

 

 

以上、本日の学びでした。

【碧の軌跡】プレイ2日目 ~いいとこどりの救世主に発狂~

プレイ2日目

どうも、クローゼです。

f:id:yiris1127:20161223130348p:plain

 

前回の続きを残しまーす!

 

見つけましたよ

アーネストさん、ハルトマンさん、発見しましたよー。

さあ、大人しく投降してくださいな。

 

アーネスト:「あらゆる因果を見通す叡智があればどんな現実も思いのままになる・・・そう、かの偉大なるヨアヒム・ギュンター師のようにね!」

 

しかも、グノーシスの力を使ってこれまでのすべての行動が見通されてるんですけど・・・

それに、「Dへの扉を開くことになる」ってなんのこと?

Dってなんなのよ、Dって。教えなさいよ、あーた。

 

うあわ・・あの人、魔道人形置いて逃げてったー! 

 

 

はぐれた

魔道人形倒して、さあ進むぞ・・・ってセンパーイ!

ちょっとのびてるロイドとノエルたん置いて行かないでーwww

 

ほらー。崩落で道壊れたよー。はぐれたよー。

何だって?別の道からも最奥に行けるの?

 

ダドリー:「何とか合流するがいい!」

 

ダドリーさん、ちくいちかっこいいです。クローゼ頑張ります!

 

 

しばし2人で行動

 何やら雑談が始まった。

そういや、ノエルってロイドと同い年か。

しかもノエル、15のときに入隊して訓練漬けの毎日って・・・

若い可愛い女の子がどうして警備隊に入ったんだろう?

 

ノエル:「あのアーネストという男、本当に何が狙いなんでしょうか?」

ロイド:「わからない。ただ、ヨアヒムと同じ力を手に入れようとしているのは確か

だ」

 

ロイド、かつてヨアヒムが言っていたことを思い出す。

-------------------------------------------------------------------------------

キーア様ノ失踪ノカラクリ 貴様ノ兄ノ死ノ真相モ・・・

クロスベルノ地二課セラレタ避ケラレヌ運命モ・・・

-------------------------------------------------------------------------------

そう、全て視えるって言ってたね。

ものすごく気になるし、ものすごく重要な気がする。

 

 

追いついたぞー

さあ、今度こそ観念しなさい!って先輩方来てませんけど!?

 

アーネスト:「ヨアヒム師から聞いた通りだ。この場所なら私の目的も万事滞りなく達せられるだろう」

 

おいこら、アーネスト。

私のダドリー先輩はどうした。 ←アリオスはいいのかよ

 

アーネスト:「魔道人形10隊と相手してるだろう。おかげで師から受け継いだコマを使い切ってしまったがね」

 

何だとー! ん? 魔道人形って無限には出せないんだ。

 

アーネスト:「エリィのような人材を警察ごときに埋もれさせておくのは愚かとしか言いようがないな」

 

えらい、エリィに執着してますな。

そら、頭良くて、可愛くて、気が利いて、ナイスバデ...

 

 

紅いグノーシス

アーネスト、紅いグノーシスで、デモナイズ?!

ひえー😱 

 

ちょっとちょっとちょっと、アーネストさん、何がそんなにおかしいのさ。

え、全然効いてないの?!

 

あ、議長逃げた。

あ、打たれた。早。

 

アーネスト:「教団のロッジは七耀脈の真上に作られている。その真上で覚醒することでDへと至る扉を開くことが可能になる」

 

なんか言い始めたぞ。

もーこれ、アーネストさんアレになっちゃう空気じゃんかw

 

f:id:yiris1127:20161223131331p:plain

はいほら変身したーwww

 ※ごめんなさい、下手すぎて凶悪さが伝わらずw

 

 

 

魔人アーネスト:「 全テノ真実ハ我ノモノニ・・・ン?」

 

ん?

 

 

f:id:yiris1127:20161223134649p:plain

 

 

 

魔人アーネスト:「 ナゼDガ視エナイ?」

 

まーじかー。何かが足りないんだろうねぇ・・・

せっかく変身したのにね。ちょい可哀相。

 

てか、そんな姿になってもエリィ諦めないのかwww

 

しかも、図体でかいけん、技当たりまくりじゃんかwww

 

 

倒した

うわ、なんか真っ赤になっちゃったよ。

はっ!これヨアヒムの時と同じじゃ・・・まずいよ。

 

このままじゃ、また消えちゃう!

どうするロイド!

 

 

と、お時間になったので本日はここまで。

また次回に。

 

 

 

 

【碧の軌跡】プレイ1日目 ~いいとこどりの救世主に発狂~

やっと開始した

シリーズものだと、どうしても通しでやりたがるクローゼ。

そのため、続きをすぐにはじめず時間を少しでもあけちゃうと最初からやっちゃうんですよね。

今回も、「零の軌跡からやろっかなー」と悪いくせが出かけましたが。

 

ストーリーやセリフをいつでも思い出せるように、

また最初からやろうとしないためにも、記録しておこうと思います。

 

オープニング

いきなりオープニングからキャラ情報が多すぎて把握しきれず。

 

洞窟っぽいところきた

ほう。開始は何やら洞窟っぽいところからなのね。

誰かについて行くロイド一行。

 

共和国の人に案内してもらってるってことは、ここは共和国?

しかも「アルタイル・ロッジ」ってなんだ?

なるほど、なるほど。6年前にティオが助けられた場所らしい。

 なんか全然覚えてないぞーwww _(:3」 ∠)_  

 やっぱり、零の軌跡からやりなおしt ...

 

メンバーは、ロイド、ノエル、アリオス、ダドリーなのね。

なんとも意外な組み合わせじゃけど。

 

しかも、いきなり気持ち悪い魔獣でたーw

あっさり倒せたけど・・・

ありゃ?アリオスが「ハチオウガイットウ」ってゆってるぞ。

こ、これって・・・ああー、閃ももっかいやりたいよ。

 

はっ(・_・)

失礼しました。

 

しかし、アルタイル・ロッジにまで来て誰を追っかけてるんだ?

 

ロイドの回想

あー、追っかけてたのはハルトマンとアーネストか。

んで、国外逮捕を特務支援が承ったのか。一応中立だもんね。

 

(・_・D フムフム

アルタイル・ロッジって、元は石窟寺院で、それを教団が使っていたようで、6年前に制圧したのね。

ティオだけがたった一人生き残っていたのは謎すぎる。

帝国軍の一部は教団に弱みを握られていたからセルゲイ班に制圧が任されたよう。

 

「儀式の間」なんて響き、すごい嫌な予感。

そっか。グノーシスは、青色の赤色のふたつがあったね。

赤色って人がバケモノになっちゃうやつか。

 

ん?ロイドなに?! エニグマⅡだって?!

中心になにやらはめるらしいっす。マスタークオーツ?

あー、碧の軌跡からだったのかこれわ。

先輩、準備いい。しかもくれるなんて優しいっす。

 

さあ、突入です

任務開始前のロイドのこの掛け声好きだわー。

「任務開始」って響きがいいね。んでもって目的の再確認とかかっこいい。

 

「感応力強化実験」・・・

グノーシスを投与された子供たちが五感と霊感を高める実験の犠牲になったらしい。

なんておぞましい。

 

 

・・・と、見つける前で終了のお時間。

では、また。